J1最終順位を予想してみた

f:id:kbys0702:20180924214619j:plain皆さんは、Jリーグチームは、どのチームが好きですか?

きっとそれぞれに好きなチームがありますよね!

今回は、J1リーグも終盤戦に突入したということで最終順位の予想をしてみたいと思います!!!

では、やっていきたいと思います。

みなさんの好きなチームは何位かな?

 

優勝

僕が優勝すると予想するのは、川崎フロンターレです!!

理由:現在、首位のサンフレッチェ広島より1試合少なく勝ち点差も4と射程圏内につけ ている。残り8試合の対戦相手をみても、連敗することは、考えずらい。そして 得点力もあり、失点もリーグ最小ため得失点差を考えたときに有利になるでしょ  う。また、チームの選手層の厚さはリーグNo.1といっても過言ではない。終盤   になれば、怪我・累積での出場停止などといったマイナス要因がどのチームにも  出てくるが、川崎は、総合力でカバーできるだろう。さらに、去年の優勝経験が 連覇への確かな自信となるだろう。

重要な試合:第29節鹿島戦 第30節神戸戦 この強敵2チームに連勝できれば、優勝への道に大きく近づく。

 

2位・3位(ACL圏内)

2位に予想するのは、サンフレッチェ広島です。

理由:城福監督に率いられ規律を持ちよく走るチームに生まれ変わったサンフレッチェ広島のここまでの快進撃は、驚いている。なぜなら、去年ギリギリ残留を果たし、そのメンバーが主力でここまで戦っているからだ。得点も川崎に並びリーグNo.1失点も最小、これは今の順位にふさわしい。ただ、優勝予想としなかったのは終盤に入り、下位チームからの取りこぼしが多いことだ。実際に2位川崎との差は詰まっている。また、選手の厚さも川崎に比べるとやや薄いのでアクシデントに対応できずにこける可能性も考えられる。

重要な試合: 第33節グランパス戦 これからの対戦相手で一番てこずる可能性があるのが 名古屋グランパスであると思う。ここで取りこぼさず勝ち点3を取れたら優勝もありえる。                                                                                                                                            

3位に予想したのは、鹿島アントラーズです。

理由:序盤こそは、なかなか勝ち点をつめずに上位に入ってこなかったがここにきて順位を4位まで上げてきている。攻守の安定感があり、選手層も厚いので終盤に向 けて勝ち点を取りこぼすことは、少ないはずだ。この安定感でFC東京を抜き3 位になると予想。ACLとの兼ね合いで総合力が試される。

重要な試合:10月の7試合 ACL・リーグ杯もあり、過密日程になるが総合力を発揮 してACL圏内を死守したい。

 

4位~10位

4位FC東京  終盤にかけて失速するイメージが強いが今年は、長谷川監督の元規律 のあるサッカーを展開しているので4位で踏ん張ると予想。

5位セレッソ大阪 今年は、去年のような硬い守備や攻撃が見られる試合が 個々のポテンシャルは高いので5位と予想。

6位コンサドーレ札幌 正直この順位にいるのは、驚いた。ミシャのサッカーがはまり始めた感じは見ていても分かる。来年はさらなる躍進に期待。

7位ベガルタ仙台 このチームも予算では、適わない相手に魅力的なサッカーをしていると思う。西村選手が海外に移籍したが、代わりとなる選手の活躍 に期待。

8位浦和レッズ 昨季ACLをとったチームがこの順位というのは、ファンにとっては、納得のいかないシーズンになってしまうだろう。

9位ヴィッセル神戸 イニエスタ選手の加入に沸き、期待されていたがまだまだチームとしての完成度は高いとは言えない。来期に期待。

10位清水エスパルス 去年の残留争いの経験から順位を上げたが上位進出にはチームとしてのレベルを上げる必要がある。

 

11位~18位(降格争い)

今年のJリーグは降格争いがとても白熱すると思います。現在最下位の長崎から11位の磐田までは、勝ち点6差!

こんなこと今まであったかな(笑)

なかなか難しいですが予想していきましょう。

11位名古屋グランパス なかなか勝ち点を積み上げられず降格かと思いましたが、ジョー選手がフィットし、夏の補強が成功して、右肩上がりに順位も上昇、来期はさらなる上位進出に期待。

12位ジュビロ磐田 昨季に比べ失点が増加、そのため現在の順位も納得。守備の改善が急がれる。

13位横浜Fマリノス 新監督による、ポゼッション・ハイラインのサッカーにより魅力は増したが結果が伴わない。今までのJチームにはなかなか無かったスタイルのチームなのではまれば来期の躍進もある。

14位サガン鳥栖 トーレス師匠・金崎パイセン頑張ってー!強力なFWを生かすパサーが必要。

15位柏レイソル ぎりぎり降格を逃れるのはこのチーム。なかなか上手く行かなかったシーズンだった。若手の多いチームで最後のカギとなるのはベテラン選手になるだろう。

16位湘南ベルマーレ 魅力的な若手選手も多くよくスプリントし魅力的なチームだが最後最後に決定的な仕事が出来る選手が少ないと感じる。そこの影響もありこの順位と予想。

17位ガンバ大阪 クルピ監督を招聘し、若手を抜擢して使うなどのことをしたが結果はでず解任。補強が上手く行かなかった影響が最後まで出た。

18位V・ファーレン長崎 初のJ1の舞台は厳しい戦いとなった。しかし、ここまで戦えたことは誇りに思っていいことだと思う。また、高田社長によるサッカーを盛り上げようとする試みも面白いのでこれからに期待です。個人的にすきになったチームの一つです!!

まとめ

みなさんの好きなチームは何位でしたか?

順位を予想するのも楽しいですよね。

この予想が合っているのかは最終節が終わって確かめたいです。

みなさんもよかったら予想してみてくださいね!